>>キッチンカウンター

キッチンの構成

キッチンのレイアウトを考える前に、キッチンの種類について知っておく必要があります。

キッチンには大きく、セクショナルキッチン、システムキッチンの2つに分けられます。

セクショナルキッチンとは、流し台、調理台、コンロ台、収納庫、吊戸棚などの独立した設備パーツを並べて配置するものを言います。

設備ごとに並べられているため、取り付けが容易で簡単ということや、キッチンの構築費用が激安までいかないが安いという利点があります。

割かし賃貸ではこのタイプが多いようです。

高さの標準では80cm〜85cm、奥行が55cm〜60cm(JISの規約)巾は15cmのモデュールと定まっています。

費用が安いことから、多くの家庭ではこのタイプのキッチンが比較的多いようです。

そしてもう一つのシステムキッチンとは、流し台、調理台、コンロ台、収納庫、食器洗い機器などの設備がパーツとして一体型に組み合わさっているタイプのキッチンのことです。

システムキッチンは、必要な設備が1セットとなっているので、使いやすく見た目もすっきりとしていて気持ちいいです。

問題としては、それぞれの設備パーツが壊れた場合などに取替えが困難なことが挙げられます。

メーカーにより規約が異なっているため、取替えは基本的にそのメーカーへ頼むことが必要です。

このため、他のメーカのパーツを組み合わせることは出来なく、キッチンを自分好みのカスタマイズに出来ないのが残念です。

システムキッチンは、ネットなどの通販でも販売されており、様々な種類も出ているようです。

台所の歴史

台所というもの自体がまだ無かった時代、調理のため住居の中央で直火による加熱調理が行われ、高くなった中央が排煙の役割を果たしていました。

これでは家族が集っている場所なため衛生上問題あると考えられ、住居の端に台所空間を移し、後に独立した空間が作られることになりました。

これが台所の始まりとされているそうです。機能的な問題では、火を起こすのに薪を使っていましたが、都市部では割高で効率よく使用しなければなりませんでした。

一方でかまどは熱を効率的に使用できたそうです。また、持ち運びが出来なく遊牧民など移動をする人たちの間では普及せず、火力調整も難しいことから直火での調理も一部でされていたそうです。

台所というと無くてはならないのが排水設備です。台所としての機能を持たせるため、高い土木技術が求められていたことから、水道を使っていた国や地域が限定されていたようです。

そのため多くの場合、食材や食器など洗う作業は井戸周りや川で行われたということです。

台所の場合では衛生面を考へ、排水設備に加えて耐水性に優れた機能が求められていました。

近代になり下水設備が整うと同時に台所の空間には水道が持ち込まれました。

流し台は、石、コンクリート、人造石研ぎ出し、トタン、ステンレスと進化していき使いやすくなっていきました。

しかし、常に湿気を持ちやすい状態の流し台は、やはり不衛生になりやすいという問題があったようです。

日本の場合では戦後、台所の不衛生を解消するために工場で生産されたプレスステンレスの流し台が公団住宅の土台として使われたそうです。

このプレスステンレス式の流し台は水漏れなどが少なく、下水での排水も可能にしました。

後にシステムキッチンが製品として販売され、消費者の需要から広く出回り普及をしていくことになり、現代の台所となっているようです。

キッチンカウンターとその他の家具

キッチンカウンターの家具はそのデザインと下収納で選ぶ人が多いと思います。

キッチンカウンターの収納スペースには、電子ジャーや電子レンジといった調理や食事に使う食器や道具を入れる方も多いそうです。

また、ダストボックスとしての役割を持つものもあり、キッチン周りもスッキリと見せることができます。

キッチンも色々な家具を組み合わせているうちに、隙間が空いてしまうこともよくありますよね。

そんな隙間を有効に使いたいと言う人は、隙間収納ラックや下収納ラックが便利です。

デザインや色も様々なものが出ており、カントリー系、北欧系、ステンレス系など自分の好みに合わせて選ぶことも出来ます。

キャスターが付いているワゴン式タイプも自由に移動ができて邪魔にならずに済みます。

食事を作るときは意外と動くこともあって、良く使うものだけを収納したワゴン式のキッチンカウンターは便利ですね。

通販の場合は値段が2万から3万くらいが多くお手頃ですが、実際にお店で見てみたほうが想像もつきやすくて良いかもしれません。

手作りについて

ここ近年のdiyブームで、キッチンカウンターを手作りしてしまおうという人も増えていますね。

初めて手作りに挑戦する場合は、まずは大型ホームセンターの店員さんからアドバイスを受けてみるのも良い方法です。

手作りでは自分でほとんど作るため、余分なすきまが出来たりなど、なかなか簡単にいかないところもありますが、試してみる価値はあります。

自分の家族構成を考えた、カウンターキッチンのレイアウトも考える必要もあるため、自分でキッチンや家具類のカスタマイズは大切なのかと思います。

キッチンカウンターや家具の雰囲気も大切ですよね!カントリー風や北欧風など色々ありますが、やはり温もりがほしいなら、天然木、パイン材がお勧めですね。

全体をホワイト調にしたいなら、タイル、大理石も考えてみても良いかもしれません。

また、自分で施工したいのなら失敗しないためにも、施工例や作り方といった情報をくまなく調べた方が良いでしょう。

カウンターの高さというのも重要なポイントです。子どもがいる家庭なら、子どもと大人が快適に使える高さに作るほうが重宝しますよ!

カウンターのテーブル

カウンターテーブルの活用法を考えるのも、キッチンカウンター選びには大切ですね。まず、大人の場合は食事のほかに仕事用に使うこともあります。

子どもの場合、ちょっとした宿題など、勉強机の代わりとして使うかもしれませんね。キッチンカウンターの使い勝手を考える場合、オープンキッチンか対面キッチンかでも変わってきますよね。

対面式の良さは、食事の用意をしながら子どもの様子を見れたり、友だちや家族がきたときもお茶の用意がすぐできるなど、主婦から見た利点が多いです。

しかし、キッチンのカウンターを物置にしてしまう人も多いみたいですね。これは、カウンターの長さや場所といった問題から生じているらしいですね。

何となくでも使いづらいと感じたら、そこで食事なんてしませんよね?そして、本や雑誌を置いたりしているうちに物置と化してします。(^_^;)

アイランドカウンターというのも良いですよ。カウンターに物を収納できるところがいくつもあり、テーブルが物置状態になるのを防いでくれますよ。(^_^)

種類について

キッチンカウンターには色々なものがあり、家の雰囲気やレイアウトなどから選ぶことも必要なようですね。キッチンカウンターを取り付けたいと思っても、どんなものが良いんだろう?

キッチンにどんな家具が必要で、何を収納したらいいんだろう?など、考えることもいっぱいありそうです。これも楽しみの一つでもあるようですが・・・。

キッチンカウンターの材質には主に、木、ステンレス、ガラス、人口大理石などが多いようです。それをショールームや通販、で購入したり、アウトレットを探す人もいるようです。

また、カウンターキッチンや家具のDIYも密かに人気があり、自分で思い通りに手作りしてしまおうと言う人もいますよね。

最近は、大型のショッピングセンターにもDIY用の材料も手に入りやすいので、自分で作るのも良いですね。

キッチンカウンターが、ダイニングの中央?にあるアイランドキッチンカウンターもなかなか良いです。

料理教室などする人にとっては、周りに人を集められるので便利かもしれませんね。

キッチンカウンターとは?

キッチンカウンターとはその名の通り、キッチンにカウンターが付いているものです。よくドラマに出てくる家にもこのタイプのキッチンを見かけますよね?

そもそもキッチンとは台所を意味し、レストランでいう厨房、調理場のように、調理を行う場所を指しているんです。

そしてキッチンの機能としては、流し台、コンロ、換気扇、作業台、キャビネットなどがあり、作業できる空間となっています。

キッチンは、レストランなど営業を目的としているのなら、作業人数に合わせた設備が求められてきます。一方、一般家庭でのキッチンの役割は調理する場所ではあるけども、それだけではなさそうですね。

お家の構造にもよるけども、キッチンとダイニングが別室のように区切られている場合、調理をする人は家族の団欒に入れずに不満を抱くことも多いそうです。

そこで、カウンターキッチンの登場です!種類やレイアウトにもよりますが、調理作業をしていても対面しているのでカウンター腰からリビングの様子を見たり、話しかけたりできます。

その場でのコミュニケーションが可能となる利点がありますよね(^_^)